はっとり としお
政策 活動 スケジュール お知らせ プロフィール 連絡先
荒川区議会インターネット議会中継
あらかわ区議会だより
「かよちゃんを救う会」の募金は終了しました。かよちゃん募金は無事に達成することが出来ました。
荒川区民の皆様をはじめ、ご協力いただきました全ての皆様のご親切に心から感謝申し上げます。

被災地の皆さまには、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

釜石市民元気応援プロジェクトに皆さんの応援を!!
 はっとりとしおの掲示板はこちらへ

はっとり としお 事務所

〒116−0002

東京都荒川区荒川5−26−6

TEL (03)3819−1777

FAX (03)3819−1777

t.hattori@tcn-catv.ne.jp


私の活動に対するご意見・ ご要望を

お寄せ下さい。

続きも見てください
(H31.1.19更新)


たゆまざる行政改革と・区民の協働と・
区民の誰もがいきいきあらかわ
わがまち荒川のために

この町で生まれ、この町で育ち、この町に生きる……
区民の皆さんとともに、わがまちの「安全・安心・快適に生活できる」
防災のまち あらかわの実現の為に、さらに力を尽くします。

 いつまでも健康で「生涯現役宣言区」あらかわを、めざします。

 はっとりとしお
オリジナルソング
都電の街「あらかわ」


H30 12〜H31 01月のひとこま(H31.1.19)
平成31年01月
アリストック「あらかわ青年大会」 1月12日、サンパール荒川大ホール・実のなる木公園において第54回「あらかわ青年大会」「アリストックVol.6」が開催されました。
今年は「あらかわ遊園」が改修工事で使えず、ホールと公園ということでしたが参加の各団体の皆さんも、ステージ・模擬店と各アトラクションで盛り上がっていました。お疲れさまでした。
夕刻からは、荒青連「50周年パーティー」も行われ、これまでの活動や思い出話に花が咲いていました・・・23区でも唯一の青年団体連合会としてこれからも頑張ってください。

新年祝賀会 1月4日、荒川区の「新年祝賀会」がホテルラングウッドにおいて開催されました。今年も多くの出席者のもと、厳かな中に開催されました。今年1年の関係各方面における、活躍を誓いあいました。よろしくお願いします。
同日、アクロス荒川において「コールコアラ」の新年発表会。日頃の練習の成果を、関係各団体の皆さんも発揮して今年にかける思いを感じましたね・・・良い会でした・・・

谷中七福神めぐり 平成31年1月3日、新年恒例の七福神巡り。今年の3日は暖かく、七福神めぐりの皆さんも心地良いお参りでした。
平成最後の正月で、それぞれに一年の祈願をしていました・・・


平成30年12月
2018。平成30年ありがとうございました 戌年の一年ありがとうございました。今年一年いろいろなことがありました、お世話になりました。
新年の亥年もよろしくお願いします。
はっとりとしお
歳末特別警戒 12月29日、荒川消防団「消防団長・消防署長」の激励が行われました。今年一年のご苦労と、来年の決意をお願いしました。
12月31日、荒川4丁目に火災報がありましたが、何事もなく良かったです。
今年一年は自然災害が多発しました、今後の対応が急務です。

あらかわ「まちの駅」忘年会 12月25日、「まちの駅」忘年会。今年も一年ご苦労様でした。荒川2丁目、光栄軒隣の矢鱈面白LABO/TERAKOYAで行いました。寺本さんが主宰するミュージカルや、今度行われる「東松島市・のびる駅ホーム」でのコンサートの話や、のびるの松でつくった「ヤイリ」のギターの話など・・・最後はヤイリの8弦ギターで大いに盛り上がりました・・・
ありがとうございました。


いろいろな懐かしい物がたくさんあり、感動しましたね・・・  
12月24日ライトアップが・・・ 12月24日、東京スカイツリータワーや東京タワーのライトアップが素敵でした。車での通過でしたが、何とも言えない趣でした・・・
アリストック出店・出場者会議 12月22日、平成31年1月12日
開催の「アリストックVol.6」「第54回あらかわ青年大会」説明会が行われました。
今年は、あらかわ遊園アリスの広場が改修工事で使えないために、サンパール荒川大ホールと隣接の荒川公園実のなる木講演を使っての開催です。
今年も「タクローズバンド」で大ホール、午後1時後半に出演します。応援に来てくださいね・・・タクローズバンド部一同。(久々の大ホール出演で頑張ります!!)

緊急会議 12月21日・22日、緊急会議が招集され、荒川総合スポーツセンターの工事請負契約の発注案件を可決しました。契約の不調がありましたが、ようやく議決され、改修工事に向かいます・・・楽しみですね・・・
オレオレ詐欺撲滅運動 12月12日、ゆいの森ホールにおいて「オレオレ詐欺撲滅標語コンクール」表彰式が行われ、区内の小中学校の生徒児童たちの標語に対して表彰状の授与が行われました。
その後、「オレオレ詐欺撲滅標語をラッピングしたコミュニテイバスさくらの出発式も行われ、撲滅に向けての運動が強化されています。


11月会議 12月11日、11月会議が閉会しました。区長提出議案・議員提出議案が可決されました。
忘年パーテイー 12月9日、今年も恒例のユーセブン・タクローズ・クラブ忘年パーテイー。上野広小路「旅のつづき」で10回目、第39回の忘年パーテイーが行われました。
今年は、10月に亡くなった弟を追悼する偲ぶ会を兼ねての開催でした。飛び入りの皆さんも多く楽しいひと時でした。タクローズバンドも、練習不足でしたが大いにもり上げました。
新年1月12日にはサンパール大ホールでのアリストックに向けて頑張りましょう・・・ご苦労様でした。参加の笹川さんも拓郎の「人間なんて」良かったです。
人権週間講演会 12月8日、今年も人権週間が始まりムーブ町屋ホールで「虐待の淵を生き抜いて」のテーマで講演会。
講師の島田妙子さん、自らの実体験をもとに講演があり、会場の参加者の皆さんも熱心に聞き入っていました。勉強になりました、身近なところに潜んでいることを気に留めていくことも大切です。児童相談所建設や里親の理解を区としても進めています。

水仙娘さん来庁 12月7日、福井県の水仙娘さんが荒川区役所を表敬訪問し、区長さんに水仙を届けました。
素敵な水仙でした・・・
荒川公園も・・・ 12月7日、荒川公園も冬支度で雪吊りが作られています・・・冬本番に向かいますね。
文化団体忘年会 12月6日、上野東天紅において文化団体連盟の忘年会が開催され、加盟各団体の皆さんによる文化祭も無事に終了しました。
今年1年の活動のは安静と来年に向けた決意を確認しあいました。軽込前歌謡連盟理事長の文部科学大臣賞受賞祝賀会も併せて開催されました。
アトラクションでは水森かおり(大出由紀子)さんの姉の大出久美子さんが、水森さんの曲を披露してくれました。
楽しいひと時でした。
上野池之端も、冬空にライトアップが映えていました。正月には多くの人出で賑わいますね・・・


来年は「統一地方選・参議院選」が・・・ 12月6日、東京プリンスホテルにおいて「自民党 東京政経フォーラム」が開催され、来年4月には「統一地方選・荒川区議選」、7月には「参議院選」が予定されており、出馬予定の公認各候補に対する激励がありました。
区議選は、32年4月14日告示、21日投票。新旧候補者がしのぎを削ります・・・頑張らねばなりません・・・
いよいよ冬ですかね・・・ 12月5日、夕刻池袋周辺もすっかり冬の季節を感じさせていました・・・駅前のライトアップ・イルミネーションも素敵な雰囲気で、街ゆく人も冬自宅になってきていますね・・・
忘年会シーズンでにぎやかな人波が、行きかっています。宮城県のアンテナショップも、日本酒¥500−で飲み比べや、宮城県の物産品も多く、販売されていて目を楽しませてくれました。
レストランもクリスマスの雰囲気で包まれていました・・・もう師走です・・・


龍燈山永福寺 12月2日、埼玉県高野台近くの永福寺(我が家の菩提寺)。真言宗豊山派、関東3大施餓鬼寺のひとつで(杉戸町の教育委員会)「本尊は阿弥陀如来」。
すっかりイチョウも黄色に染まり、寒さもひと段落でした。(弟の納骨も無事に終わりました。)

毎年8月22日・23日の施餓鬼は賑やかです。  
奥の細道 12月2日、東北自動車道蓮田サービスエリア。芭蕉は船で隅田川を北上して千住で下船し、そこで詠んだ「矢立はじめ」の句が「行く春や鳥啼き魚の目は泪」で素盞雄神社・天王様の境内にあります。
蓮田サービスエリアでは、現代の奥の細道の入り口として「矢立はじめ」の碑を設置しています。最初の宿泊地は春日部でした・・・思いを馳せると感無量ですね・・・


荒川合氣会
20周年祝賀会
平成30年12月1日、サンパール荒川において荒川合氣会・会長酒井氏の光道場が開設20周年を迎え、記念祝賀会が開催されました。
会場には道場の所属会員の少年少女部・成人部の皆さんはじめ、合気会の北区・台東区・荒川区の各道場長の来賓の皆さんで20周年を祝いました。
終始和やかな雰囲気の中、道場長の奥様も感慨ひとしおのようです・・・併せて、酒井会長の古希の祝いもサプライズで行われお孫さんたちにも祝福してもらい、良かったですね・・・
これからも青少年の健全育成・合気道の精進をお願いします。おめでとうございます。

 
道場の20年を記念して「光道場旗」も皆さんから送られました。個人道場は数少ないとのことで、これからもよろしくお願いします。  
過去のスケジュールへ
Copyrights(C) since 2006 Hattori Toshio. All rights reserved.